(※スライドショー下各サムネイルをクリックして頂くと画像が制止します。)

(※内容は取材時の内容です。現在取扱内容は随時ご紹介事業者様へご確認下さい。)

 

ちとせやさんへのインタビュー

 

Q.『どうもこんにちは!本日は、江別市内野幌駅南口付近に本店があり、北海道物産展でもご活躍されている、素材にこだわった美味しいお菓子屋さんがあるという事でご紹介を頂く事ができまして、お話を伺いに江別市の「ちとせや」さんへお邪魔させて頂いております。ちとせやさんは、創業が昭和38年という事で、もうじき創業50年を迎えようとされているんですね。お店でのご販売やオンラインでのご販売を拝見致しますと、現在は「洋菓子屋さん」とのイメージがすっかり印象に残りますが、もともとのご創業はお餅屋さんからのご出発だったとか・・?』


A.『どうもこんにちは。ええ、もともとはお餅屋さんから出発致しまして、その後は和菓子・洋菓子を主軸に取扱うお店になりました。和菓子を作り続けてきた伝統も大切に守りつつ、幅広いお客様のニーズに合う物作りを心掛けています。

 


Q.『そうでしたか、現在のオーナーシェフさんは生粋の洋菓子職人さんという事で、現在は洋菓子を主軸とされながら、和菓子作りの伝統も守られているわけですね。お菓子の素材に関しては、厳選して選び地元でいいものがあれば地元のものをご使用されるとの事ですが、福岡デザートフォレスト2006~2007デザート・オブ・ザ・イヤーで総合ランキング・チーズケーキ部門第1位をW受賞された!ご看板商品の「とろ~り生?チーズタルト」。こちらはオーストラリア産のチーズを使われているという事ですね。


A.『そうですね、当店のお菓子は素材選びの結果として道産の素材も多く使用しておりまして、「とろ~り生?チーズタルト」に関しては生クリーム・バターなどは道産のものを使用しておりますが、チーズはオーストラリア産のものになります。宜しければお試ししてみて下さい。こちらの北海道産の新鮮な牛乳と卵をたっぷり使用したプリン「卵々プリン」、クッキー生地に粒あんをサンドしてホワイトチョコレートをコーディングした洋菓子のような和菓子・野幌森林公園内の池の名にちなんで名づけられた「みずほの池」も宜しければ是非ご賞味下さい。

 

Q.『(試食させて頂きました・・。)なるほど・・、さすが福岡デザートフォレストのデザート・オブ・ザ・イヤーで全国から集められたスイーツの中、総合部門でも1位を受賞されましただけあり、非常に美味しいですね・・!ほんのりした甘みもある、冷たくてとろけるようなチーズクリームと、さくさくのタルト生地が絶妙にマッチングしています。これは、2個、3個・・と続けて食べたくなってしまいます。牛乳と卵の新鮮さが伝わってくる味わいの卵々プリン、洋菓子と和菓子の絶妙な折衷作品ともいえる、みずほの池もとても美味しいですね。売れ筋の商品という視点からは、どのようなところを挙げて頂く事ができそうでしょうか?


A.『ありがとうございます。売れ筋という視点からは、やはりまず「とろ~り生?チーズタルト」、次に十勝・大樹町のカマンベールを使用している「カマンベールチーズケーキ」、今時期は、続きまして「焼きモンブラン」を挙げる事ができます。「焼きモンブラン」は、秋冬になると売り上げが伸びてくる商品でありまして、今時期のイチオシ商品と致しましてお勧めピックアップを致しております

 

Q.『やはり売れ筋商品の1位という点でも「とろ~り生?チーズタルト」を挙げて頂く事ができるわけですね!近年は、オーナーシェフが1年の半分以上を北海道物産展で全国を周られながら現場で実演販売され、同商品に関してはすごい時には一日3,000個も出た事があるという事ですが・・すごいですね!』


A.『ええ、2000年頃から北海道物産展に参加するようになりまして、近年はおっしゃる通りオーナーシェフが1年のうち大半の時期を北海道物産展で全国を周っておりまして、「とろ~り生?チーズタルト」に関しては、とても多く商品が出ました際には製造が追いつかなかったこともあります。現場で実演の際には現地でオーブンで焼きますので、全部ではないのですが、北海道物産展でも焼き立てをご購入頂ける場合があります。』

 

Q.『なるほど、物産展で焼き立てを購入できるケースもあるわけですね?全国各地の「とろ~り生?チーズタルト」ファンの方々は要チェックですね!こちらの江別の本店限定・店舗メニューの方も充実していますね。この度スライドショーでも一部ご紹介させて頂いておりますが、他にも特に、女性のスイーツファンの方が魅入られしまいそうな美味しそうなケーキやとてもかわいらしいケーキが目白押しですが、こちらの本店の喫茶スペースで楽しむ事もできるわけですよね?』


A.『そうですね、お店の喫茶スペースでお楽しみ頂く事もできます。ブレンドコーヒー(¥420)やアイスコーヒー(夏季限定・¥480)・紅茶(¥450)・抹茶(¥525)などと共にお店の喫茶スペースでお楽しみ頂く事ができます。駐車スペースが6台・喫茶スペースが20席ありますので、近隣の方々や野幌周辺を通過される方々は是非当店のスイーツを楽しみに、お立寄りを頂けましたらと思います。』

 

Q.『ありがとうございます。ご閲覧の皆様、ちとせやさんは江別市で創業50年、「江別銘菓 開拓屯田」「みずほの池」などに代表される従来からの和菓子製造の伝統も守りつつ、福岡デザートフォレスト2006~2007 デザート・オブ・ザ・イヤーで総合ランキング・チーズケーキ部門第1位をW受賞!という輝かしい受賞歴を持つ看板商品「とろ~り生?チーズタルト」、十勝・大樹町のカマンベールを使用した「カマンベールチーズケーキ」などに代表される洋菓子のお店として、近隣のみならず北海道物産展を通して全国にファンを持つ、素材にこだわってじっくりと作り上げているお菓子屋さんです。全国各地で催される北海道物産展では実演販売に出会えた場合には焼き立ての「とろ~り生?チーズタルト」をお楽しみ頂けます。また、江別市内の本店では喫茶スペースでコーヒーや紅茶と共にスイーツをお楽しみ頂く事ができます他、下記表記ちとせやさんのホームページではオンラインショッピングで一定の商品をお取り寄せする事もできます。当記事でちとせやさんを初めて知られた方には特に是非、輝かしい受賞歴を持つ「とろ~り生?チーズタルト」をはじめとした、ちとせやさんのお菓子をぜひご堪能頂けましたらと思います。ちとせやさん、本日はお忙しい中取材にご協力頂く事ができましてありがとうございました!』


A.『こちらこそどうもありがとうございました。なお年末年始の本店営業に関しては変則的な営業となりますが(2012~2013年・年末年始は1/1~1/3が休業、12/31及び1/4~1/6が~17:00の短縮営業となります)、通常は定休日の火曜日以外は10:00~19:00の間営業致しております。皆様の本店へのご来店及び、北海道物産展へのご来店・オンラインショップへのお問合せを心からお待ち致しております。』

 

※ちとせやさんについては当サイト関連ブログ記事「ちとせやさん記事掲載をUP致しました!」でもご紹介させて頂いております!


本日ご紹介させて頂きました事業者様情報は・・

(※当記事内容は2012年12月7日取材時点のものであり、その後はご紹介事業者様の商品内容・価格その他事情が変更されている場合があります。ちとせやさんの最新の情報に関してお問合せの際には下記のちとせやさんのご連絡先へお問合せ・ご確認下さい。)

 

オンラインショッピングも承っております。

お気に入りのお菓子を是非見つけて下さい。

ちとせや

〒069-0826

北海道江別市あさひが丘7-16

TEL 011-381-5222

FAX 011-381-5220

P有:6台 喫茶スペース有:20席

営業時間 10:00~19:00

通常定休日 火曜日

ホームページ

http://www.chitoseya.jp/

ブログ

http://chitoseya.exblog.jp/

 

【ちとせやさんへのアクセス図】

 

 TOPヘ →地区別情報へ →業種別情報

 

→姉妹サイト札幌・札幌「かんたん」navi江別情報

 

 


 

当サイトおよび『札幌・札幌近郊 Web City Infomation Works』のご案内です!

 

連携姉妹サイト・かんたん地域情報サイト 札幌・札幌近郊「かんたん」navi

 

姉妹サイト・取材企画ブログ『札幌・札幌近郊 Business Coverage』


関連情報発信『札幌・札幌近郊 Web City Infomation Works』SNSページ(Google+ページ)