(※スライドショー下各サムネイルをクリックして頂くと画像が制止します。)

(※内容は取材時の内容です。現在取扱内容は随時ご紹介事業者様へご確認下さい。)

 

小川焙煎工房(焙煎香房 Tutti Arrosto)さんへのインタビュー

 

Q.『どうもこんにちは!本日は、北広島市内に本拠地を置き、各種のイベントや催し等にこだわりのコーヒーをご提供されている小川焙煎工房(焙煎香房 Tutti Arrosto)さんをご紹介を頂き、お話を伺いに北広島市の店舗にお邪魔させて頂いております。小川焙煎工房さんは、創業が20121月という事で新しい事業者様ですが、すでに色々イベント・催しなどにご出店されてるんですね!コーヒーに関しての情熱・こだわりに関してはお話を耳にしております。』


A.『どうもこんにちは。そうですね、色々ご縁を頂く事ができまして、昨年は当店のコーヒーを知って頂くためイベントや催しに何度か顔を出させて頂きました。本当にありがたいと思っております。当店は美味しいコーヒー作りにこだわりをもっているのは勿論ですが、本物のコーヒーをたくさんの方に知って頂く事や飲んで頂く方にぴったりのコーヒーを見つけてもらう事にもこだわりをもって活動しています。

 

Q.コーヒー作りや美味しい本物のコーヒーをたくさんの方に知って頂く事に加え、飲んで頂く方にぴったりのコーヒーを見つけてもらう事などもまたポイントになってくるわけですね。昨年8月下旬には高名なエーデルワイスファームさんの「フロンティアフェスタ2012」にご参加され、9月にはポーラ化粧品北広島店さんへ「ムービングサロン」が来た際にコーヒーをご提供、さらには札幌市北区のcafe&bar「煌めきの箱庭」さんでは、月に一度イベントを開催されているという事をお聞きしております。「煌めきの箱庭」さんでの「こだわりの焙煎人小川さん」と一緒にあなたのお気に入りコーヒーを見つけよう!!』とのコーヒー飲み比べイベントがすでに3回開かれており、ご好評のようですね?』 

 

A.『ええ、エーデルワイスファームさんではファーマーズカフェでコーヒーを採用頂き、ポーラ化粧品北広島店さんへ動くブティックといわれている「ムービングサロン」が来た際に、ご来店されたお客様へのおもてなしとして当店がコーヒーのサービスをご提供させて頂きました。たくさんの方々に当店のこだわりのコーヒーを味わって頂く事ができまして大変光栄に思っております。また、煌めきの箱庭さんでのコーヒーの飲み比べイベントは、飲んで頂く方にぴったりのコーヒーを見つけて頂くという点で願ってもないイベントで、都度楽しみに伺わせて頂いております。』 


Q.『「煌めきの箱庭」さんでのコーヒーの飲み比べイベントは、こだわりの焙煎人・小川代表のおススメ厳選6種類のコーヒーを順に飲み比べる事ができると共に隠しメニューも楽しめるという事で、コーヒーの好きな方々にはまたとないイベントですよね。ちなみに、厳選6種類のコーヒーとは各々具体的にどのようなコーヒーとなるのでしょうか!?伺わせて頂いても宜しいですか?』 


A.『はい、実際には隠しメニューも含めまして18種お持ちしましたが、主要テーマである厳選の6種類は「ストレートコーヒー」「酸味のあるコーヒー」「苦みのあるコーヒー」の3種に分けました。「ストレートコーヒー」はバランスがよくとれている「マンデリン」と「モカマタリ」をピックアップしました。「酸味のあるコーヒー」では当店のオリジナルブレンド「T.ブレンド♯013」と「キリマンジャロブレンド②」をピックアップしています。#013は酸味の効いたスッキリとしたブレンド、キリマンジャロブレンド②は酸味を若干抑えたキリマンジャロ主体のブレンドです。「苦みのあるコーヒー」は当店のオリジナルブレンド「T.ブレンド♯020」と「ブラジルミックス」をピックアップしています。#020は苦みとコクのブレンド、ブラジルミックスはほどよい苦みを持つコーヒーらしいコーヒーです。まずは「どの傾向が合うか」という点をご確認頂きつつ、飲んで頂く方に発見や再発見をして頂けたかな・・・と思っています。』 

 

Q.『そうでしたか、大きくは「ストレート」「酸味の」「苦み」と分けてどの傾向が好みか確認して頂きつつ、さらにどの味が自分の好みかを飲み比べる事ができるというわけですね。それは志向を確認するのに実にぴったりなイベントですね!それらのコーヒーの作り手側である、小川代表の焙煎・コーヒー作りに関するこだわりという点に関しては、主にどのような点を挙げて頂けそうでしょうか・・?』 


A.『そうですね、まずコーヒー豆は生豆のままでは飲めないので焼いて飲めるようにします。これがいわゆる「焙煎」ですが、焼き方により味が変わりますのでどういう味にしたいかで焼き方を変えていきます。浅く焼けば酸味が残りやすく、深く焼けば焼くほど苦みが出てきますが、基本的には浅煎りと深煎りの中間にあたる中煎りが豆本来の味が出ますので、当店では豆が持っている本来の味を出したいとの思いから中煎りを基本としています。また、商品には1種の豆を楽しむストレートと味のバランスを整えるため複数の豆を使ったブレンドがありますが、焙煎した豆をブレンドして保存する場合は挽く際にブレンドの配合量が変わり得るため、当店ではストレートの状態でのみ保存しています(好きな方は豆で買っていかれますが、この点で当店では豆はストレートに限ってのみご提供を行っています)。さらに焙煎した豆を挽く際には浅煎りと深煎りが混ざらないよう、ミルを2つに分け使用しております。ストレートとブレンドに関しては酸味の苦手な方でなければストレートがお勧めですが、日本人は総体的に酸味の苦手な方が多く、そのような方々には苦みやコクも加えて美味しくコーヒーを楽しめる事を主な趣旨として作られるブレンドがお勧めです。ちなみに、ブレンドは普通出来たものの配合量を変える事はできないのですが、当店では上記の通りブレンドを豆では置かないため、例えばあるブレンドをお客様に「苦い」と言われましたら深煎りの配合量を減らし、お好みに合う配合調整を行ったものをご提供する事もできます。このようにお客様にとってぴったりのコーヒーを探すため小回りを利かせる事ができる事も当店ならではのこだわりと強みという事ができます。

 

Q.『なるほど、それはこだわったコーヒー探しをされている方々にとっては嬉しい情報ですね。自分の好みに合うコーヒーを見つけたい方々にはぴったりですよね!ストレートとブレンドでは、やはり、ブレンドの方が多く出るのでしょうか?また、小川代表お勧めの商品とされましては、どのあたりを挙げて頂けそうでしょうか?』 


A.『ご年配の方々には結構ストレートも出ますね。昔の喫茶店ブームの名残もあるのではないでしょうか。そのような中でコーヒーを好きになられた方々には色々飲まれてストレートに戻る方々がいらっしゃいますね。基本的には好みは千差万別ですので、是非色々お試ししてみて頂けたらと思います。私の個人的なお勧めはストレートではトラジャ・モカマタリ・マンデリンが味わい・風味などのバランスが良くお勧めですね。ブレンドは50を超える試行錯誤の作品の中から厳選してピックアップしたものをメニューに挙げておりますのでどれもお勧めする事ができます。』 


Q.『ストレートではトラジャ・モカマタリ・マンデリンを、ブレンドは小川焙煎工房さんの50を超える試作の中から選ばれたコーヒーとの事で、どれもお勧め頂けるわけですね!ちなみになのですが、小川焙煎工房さんのブログを拝見致しましたところコーヒーにもポリフェノールが含まれているという事でしたが、ワインに関しては有名ですので知っておりましたが、コーヒーにも含まれているという事はこのたび初めて知りました。また、コーヒーの保存は冷蔵または冷凍が良いという事も、このたびブログを拝見してやはり初めて知りました。』 


A.『ポリフェノールは植物に含まれているのですが、コーヒーも植物ですのでポリフェノールを含んでいます。ポリフェノールはブログにも書かせて頂いた通り「シミ・シワの予防」「動脈硬化の予防」の効果が知られています。コーヒーはワインと異なりアルコールではないのでどこでも飲める点がいい所ですが、胃が悪い方などには飲みすぎる事もあまり良くないため、多くて一日に45杯程度を目安にする事をお奨めします。保存に関してはそうですね、長期保存の冷凍に関しては当店ブログには「半年以上は風味など保ったまま保存できます」と書きましたが、当店の実践では1年ほど風味などを保ったまま保存できましたので、この点ご参考にして頂けましたらと思います。今後も、ブログや各種イベント・催しなどを通じまして、皆様にこのようなコーヒーに関する様々な情報をどんどんお届けしていきたいと思います。』


Q.『なるほどなるほど・・ありがとうございます!ご閲覧の皆様、この度ご紹介のコーヒー自家焙煎のお店・小川焙煎工房(焙煎香房 Tutti Arrosto)さんは北海道1号機となる「ハンドメイド高性能小型焙煎機」を使用し、美味しいコーヒー作りや美味しい本物のコーヒーをたくさんの方に知って頂く事、そして飲んで頂く方にぴったりのコーヒーを見つけて頂く事などにもこだわりをもって活動している、「20133月上旬現在北広島市内で唯一のコーヒー自家焙煎のお店さん」です!そのこだわりの関係からブレンドの場合には豆では購入する事はできませんが(※ストレートの場合は購入する事ができます)、その半面でブレンドの配合量の調整をお願いし、自分好みのコーヒーを探す事もできます!小川焙煎工房(焙煎香房 Tutti Arrosto)さんのストレート及びブレンドのメニューは下方ご紹介のホームページ上で御覧頂く事ができます。小川焙煎工房(焙煎香房 Tutti Arrosto)さんではギフトの箱詰め・ラッピングも行っておりますので、お中元その他贈り物やお土産にもご利用頂く事ができます!また、小川焙煎工房(焙煎香房 Tutti Arrosto)さんのコーヒーを導入されている札幌市北区のcafe&bar「煌めきの箱庭」さんでは、現在月に一度、小川代表を交えてのコーヒーイベントが開催されております!ご関心の際には是非お問合せされてみてはいかがでしょうか!?小川代表、本日は当サイトのためにお時間を割いて頂きまして、本当にありがとうございました!』 


A.『こちらこそありがとうございました。なお、当店ではオフィスコーヒーとして導入をご検討頂ける事業者様には最適なコーヒーのご提案をさせて頂いております他、コーヒーアドバイザーとしてのコーヒー教室開催(入れ方のアドバイス・飲み比べなど)・イベントへの出店等を意欲的に承らせて頂いております。ご関心頂けました際には是非、下方の当店連絡先へお気軽にお問い合わせを頂けましたらと思います。本日はどうもありがとうございました!』

 

※小川焙煎工房(焙煎香房 Tutti Arrosto)さんについては当サイト関連ブログ記事「小川焙煎工房(焙煎香房 Tutti Arrosto)さん記事掲載をUP致しました!」でもご紹介させて頂いております!


本日ご紹介させて頂きました事業者様情報は・・

(※当記事内容は2013年3月6日取材完了時点のものであり、その後はご紹介事業者様のサービス内容・価格その他事情が変更されている場合があります。小川焙煎工房(焙煎香房 Tutti Arrosto)さんの最新の情報に関してお問合せの際には下記の小川焙煎工房(焙煎香房 Tutti Arrosto)さんのご連絡先へお問合せ・ご確認下さい。)

 

小さな焙煎小屋から美味しい本物のこだわりコーヒーを発信しています。お気軽にお問合せ下さい。

小川焙煎工房(焙煎香房 Tutti Arrosto)

〒061-1273

北広島市大曲柏葉5丁目5番地7    

TEL/FAX 011-777-4386

E-mail tutti-arrosto☆ae.auone-net.jp 

(※E-mailご送信時は☆を@に変えてご送信下さい。)

営業時間 9:0019:00

(不定休)

ブログ

http://ameblo.jp/tutti-arrosto

Facebook

http://www.facebook.com/tohru.ogawa.77

 

 

【小川焙煎工房(焙煎香房 Tutti Arrosto)さんへのアクセス図】

 

TOPヘ →地区別情報へ →業種別情報

 

→姉妹サイト札幌・札幌「かんたん」navi北広島情報

 


 

当サイトおよび『札幌・札幌近郊 Web City Infomation Works』のご案内です!

 

連携姉妹サイト・かんたん地域情報サイト 札幌・札幌近郊「かんたん」navi

 

姉妹サイト・取材企画ブログ『札幌・札幌近郊 Business Coverage』

 

関連情報発信『札幌・札幌近郊 Web City Infomation Works』SNSページ(Google+ページ)